回復プログラムについて

  • TOP ≫回復プログラムについて

SUNプログラムの紹介

SUN利用の流れ

  1. 1.見学利用
  2. 2.福祉サービス受給者証の準備
  3. 3.利用契約書への署名・タイムカードに記名してメンバー登録(ここから工賃の支給対象者)
【第1段階】
「就労継続B型」からスタートします。

今までの生活習慣から抜け出し、ミーティングと作業を通じて規則正しい生活を維持確立します。

  • 担当職員と1週間のプログラムを作成します
  • ボランティア活動(施設内外の清掃作業)。
  • 作業の仕方を学びます
  • 教育プログラム
    (アルコール依存症について理解を深めます)
    保健教室・体操教室・音楽教室・調理講習会
    ・外出プログラム
  • 製作活動
    ...手漉きはがき・廃油を利用した石鹸作り・編み物等

画像(清掃作業)

【第2段階】
所内作業に参加します。
  • 各種当番・・・役割に加わります
  • ポスティング・・・体力回復と地域の事情に明るくなることをめざします
  • 厨房補助・・・配膳・片付けを担当します
  • 清掃作業、販売活動等

画像(ポスティング)

【第3段階】
今後の希望を確認...就労移行と就労継続B型に分かれます。

所外訓練

・他施設合同の軽作業(利用者全員が対象)に参加します

  • ◎就労移行希望者・・・外部訓練作業に参加します
  • *業務委託しているメール便の配達
  • *提携施設での清掃作業(個人で参加)・・・「報告・連絡・相談」を身につけながら、
    2~3時間任された仕事に責任を持ちます
  • *契約店での厨房補助訓練(個人で参加)・・・接客・洗い場・調理の技術を学びます

画像(所外訓練)

【第4段階】(就労移行希望者)
就労支援機関に登録
履歴書作成支援・面接練習・マナー講座参加・ハローワークの使い方などを学びます。
外部訓練を継続しながら、就職面接相談・面接同行を行います

【第5段階】

職場定着支援・・・就労後の相談にあたり、必要な時には勤務先との連絡調整を行ます。

訓練内容は以下の4本柱で構成されています

  • 1.受注下請事業(全メンバー)...ポスティング・清掃・梱包・封入・組立
  • 2.自主事業(全メンバー)...「SUNアシストサービス」(家事代行サービス)
  • 3.外部訓練(原則、就労移行メンバー)...メール便の配達・清掃管理業務・厨房補助、接客
  • 4.厨房訓練事業(原則、就労移行メンバー)

就労移行について

就労移行支援は、将来就労を希望している方を対象に、 就労へ向けた準備、ハローワークでの求人探し、就労後の定着支援が主になります。
SUNでは、就労へ向けた準備のための訓練所があり、 SUNが直接契約しているところや広域就労支援機関などの紹介によるところがあります。
訓練で事業所内から外へ行くことにより、 緊張感や責任感が生まれ、大きなステップアップになります。
そのなかで、報告・連絡・相談など就労に向けて必要なことを学びます。 今ある訓練所の主な作業は、一人で行う清掃が中心になりますが、訓練所によって難易度が違うので、その人の段階に合った訓練所を提案しています。
また、訓練の工賃についてはすべて訓練に行った利用者の方に還元します。
利用者の方々は、様々な訓練を積むことによりって、就労への自信となってます。

訓練による経験はとても大切です。
これから多くの方が就労できるようにお手伝いできればとSUNでは考えています。

ページtopへ